船橋LOTUS

接待とは?ビジネスマンに必要なのか?その意味について解説

 

ビジネスマンであれば一度は接待をした経験があるという人もいると思います。
ですが、接待をすることの意味についてわからないという人も中にはいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、接待をすることでビジネスマンとしてどのような意味があるのか、実際に接待をするにはどのように進めていけばいいのか、接待の注意点について解説していきます。

接待をする意味とは?

接待をすることの意味について、近年では経費削減や無駄という解釈をする人が増えてきたこともあり、接待をすることでどのようなメリットがあるのかを知らない人が増えてきています。

ですが、接待をすることでお酒を飲む機会も増えるので、仕事での付き合いだけでなく友好関係を結ぶこともできるでしょう。

接待をすることで相手を知ることができる

接待では、基本的にビジネス相手とお酒を飲む機会が増えてきます。
お酒を介して会話をすることで相手の本音を知ることができ、普段仕事で見る以外の一面を知ることができます。

人間は相手の本音を知ることでより信頼をすることができるので、友好的な関係を築くことができるようになります。

また、接待をすることで相手の好みを知ることもできるので、より具体的に相手の好みの提案をすることなどに役立てることができます。

接待をしなくても友好関係を築くことができると考える人もいますが、接待をしていなければ実際に友好関係を築けているのではなく、上辺だけの関係になってしまうこともあるので、接待をしているのとしていないのでは大きな違いがあります。

接待の具体的な進め方

接待をすることの意味については理解していただけたかと思いますが、今までに接待をしたことがない人からすると具体的にどのように進めていけばいいのかわからないと思います。

接待にもルールやマナーがあり、そのルールやマナーを守らなければ逆効果になってしまいます。そこでここでは接待の具体的な進め方について解説していきます。

接待に招待する人を決める

接待に招待する人について、接待には自分と対等か目上の立場の人を招待するようにしましょう。

目上の人だと緊張してしまうかもしれませんが、若い人が緊張している方が好意的に感じてもらえるので特に気にすることはありません。

また、接待の待ち合わせには先に着いておくようにしておき、身だしなみは男性・女性ともにスーツを着用するようにしましょう。

また、アクセサリー類も高級なものを身につけていると好意的に感じてもらえないので、アクセサリー類も控えめなものを選択するようにしましょう。

接待の種類を決める

接待と聞くとお酒の席を想像しがちですが、接待には会食以外にもゴルフやスポーツ観戦など様々な種類の接待があります。
相手の好みに合わせて接待の種類を決めることで相手から好意的に感じてもらうことができます。

定番である会食の接待では、お酒を飲みながら相手の好みや趣味を知ることができるだけでなく、仕事に対する本音なども聞き出すことができます。
ただし、接待での会食時にはお酒は深酒や悪酔いしてしまうと逆効果になってしまいます。

ゴルフの接待では18ホールプレイすることで丸一日共に過ごすことになるので、深い話をすることができます。
ゴルフ接待ではテレビのイメージなどから勝ってはいけないという風に考える人がいますが、プレーは常に真剣にしましょう。
気遣いは必要ですが過度なリップサービスは逆効果になってしまいます。

お店や施設の予約をする

接待にはお店や施設の予約も重要になってきます。
相手の好みに合わせたお店選びが重要で、お店選びに失敗してしまうと会話が弾むこともありませんし、不快な気持ちにさせてしまうこともあります。

会食であれば当然味も重要ですが、味以外にもお店の雰囲気やスタッフのサービスなど総合的に判断する必要があります。
初めて訪れるお店ではそれらは全くわからないため、事前に訪れておき、何がおすすめなのかなど把握しておく必要があります。

万が一事前に行くことが困難であれば、電話で料理の種類や飲み物の種類、客層や個室があるかなど確認しておくと良いでしょう。
また、実際に訪れた人の口コミも参考になります。

接待をするときの注意点

最後に接待をするときの注意点ですが、どのような接待の種類であっても相手よりも早く着いておき、出迎えるようにしなければいけません。
「接待をする場所は自分の会社」という認識でいることで、相手が訪れたときに失礼がないように注意することができます。

また、ゴルフ接待やスポーツ観戦接待の場合には、終わった後の予定も把握しておく必要があり、会食の段取りもしておかなければいけません。

会食場所まで時間がかかってしまうと不快に思われる可能性もあるため、車の場合は渋滞事情など、周囲の情報も事前にある程度把握できますので、あまり遠い場所は選ばないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、接待についてどのようなものなのか、その種類や実際の進め方や注意点について紹介してきました。

最近では、経費削減で接待自体は減ってきていますが、接待をすることによって得られる対人関係なども確かにあります。

これを機に、今後は対人関係の1つの手段として、接待を検討されてみてはいかがでしょうか。